表彰などをするときに、記念楯を作成して渡すことがあります。その中で、素材としてよく使われるのが木製です。木製の良いところは、日本家屋に飾るときに調和がとれることです。木造住宅が多く、木製の家具を使うことが多いため、違和感なくおけます。木製といっても、すべてが木製ではありません。プレート部分は別の素材のことがあります。このプレートの部分の素材によって、価格が変わることがあります。プラスチックなどになるとかなり安くなります。金属や、文字に色が入ると高くなることもあります。さらに高級感を増すためには、プレートの上にカバーを付けるタイプです。ガラスであったり、透明のプラスチック、クリスタルなどが利用されます。重さもあります。素材以外では、楯自体の大きさが影響することがあります。サイズが大きくなればその分価格が高くなります。

クリスタルやガラスに彫られた記念楯

日常生活では、ガラスは比較的多く使われています。窓ガラスに使われることもありますし、食器のコップなどに見られることもあります。透明で丈夫ですが、落としたりすると割れることがあります。扱いには気を付けないといけません。記念楯の素材としては、クリスタルやガラスがあります。タイプはいくつかあり、本体がクリスタルで、文字を彫るのはプレートの部分のみのことがあります。元からあるクリスタルにプレートを貼り付けるだけなので、それほど高くなりません。高いタイプとしては、本体がクリスタルで、そのクリスタルに直接文字を彫るタイプです。専門の職人が彫る場合もあり、文字数などによっても価格が変わります。見た目としては、プレートを貼り付けるよりも高級感があります。少し高いですが、表彰の時に使うと喜ばれます。土台もクリスタルのものがあります。

記念楯の文章には句読点を入れないのが一般的

文章を作成するとき、適度に句読点をつけなければならないと学生時代に習ったでしょう。作文などでは、きちんと使えていないと評価が下がることがありました。ですから、それ以降の日常生活でも句読点をつけて文章を作成してきたはずです。しかし、本来の日本語は、句読点はありません。昔の文章などを見ても付いていません。句読点は、大量の文章、特に印刷物などによって提供される文章を読みやすくするために付けられるようになりました。ですから、限られた文章では必ずしも必要ではありません。記念楯には文章を記載することがあります。ここに句読点をつけるかつけないかですが、どちらでも構いません。これは依頼主が付けたかどうかになります。ただ、一般的には付けないことが多くなります。表彰状などと同じだからです。付いていると、安物っぽく見られてしまうことがあります。

競技大会や表彰式を華やかに盛り上げるトロフィーやメダルを多数ご用意しております。 コンペに調度良いトロフィーが揃っていると幹事の方に評判です。 卒業や退職の記念に、みんなで頑張った想い出を形となるトロフィーをお届けいたします。 当店で扱っているトロフィーなどの商品は、他店と比較して特別料金であり、お客様にお求めやすい価格となっております。 記念楯の購入なら当サイトがおすすめです