ゴルフ大会などが行われることがあります。会社であったり、地区などで開かれることもあります。ゴルフはスコアを比較しますから、誰かが優勝をします。2位や3位、そして最下位から一つ手前のブービー賞などもあります。どれも狙って取れない順位であることを表彰します。この時の記念楯としては、それぞれのスポーツにちなんだイラストなどが記載されたものを選ぶことがあります。ゴルフであれば、ゴルフボール、ゴルフクラブ、ピンホールなどが描かれていると、そのスポーツであることがわかりやすくなります。ネットなどで購入するとき、目的から選べる場合があります。ゴルフの表彰、野球の表彰、陸上競技の表彰などです。選べば、それぞれのスポーツに対応したものに、必要な名前などを記載してもらえます。どれを選んだからと言って、大きく料金が変わることはありません。

記念楯の由来は戦争の戦利品を飾ること

日本人にとっては、戦争は二度と起こってはならないとの意識があるでしょう。もちろん世界でも同じように考えているでしょう。でも現実には起きています。そして、歴史を見ると、戦争なしでは語ることはありません。戦争があったから、戦争に対する問題も見えてきたのでしょう。現代の戦争は、飛行機や大砲など、新しい技術が使われています。一方、古代の戦争は、まさに人と人が一対一で戦うものだったようです。相手を傷つけるための剣や槍を持ち、一方でそれらから身を守るための楯を持つことになります。現在記念楯が表彰などで使われますが、これには由来があります。戦争のとき、戦争に勝った場合は、相手から戦利品を奪ってそれを飾る習慣がありました。楯はまさに戦争で使うものですから、非常にわかりやすいかもしれません。今では、頑張った証としておくられるようになっています。

記念楯は専門店で購入することができる

スポーツの大会で上位に入賞したり、学校や会社などで何らかの表彰を受けるときに記念楯をもらうことがあります。立派な作りになっていて、自分の名前であったり、年号などが彫られています。わざわざ彫ってくれているようですが、どこで買うのかわからない場合があります。実は、表彰関係の商品を販売している専門店があります。記念楯の他に、トロフィーであったり、優勝カップなども扱われています。それ以外には旗なども販売されているケースがあります。なかなか日常的に一般人が購入することはないかもしれません。オフィス街などでも販売店を見つけることができますが、最近はインターネットから購入できるようになっています。この場合、東京のお店を他の地域からでも利用できる場合があります。地域によって送料は異なりますが、他から買った方が安くなることもあります。